オメガ3とDHAとEPAについて

オメガ(ω)3とは?

ω(オメガ)3とは不飽和脂肪酸の中のアルファリノレン酸の総称です。

不飽和脂肪酸にはオメガ3・オメガ6・オメガ9の3種類あり、オメガ3とオメガ6は体内で生成することができないため食事などで補給する必要があり必須脂肪酸と言われています。

オメガ3の代表的な効果については血液中の脂質の改善、具体的には中性脂肪を下げて血圧の安定へと導くはたらきがあるといわれています。高血圧な方にはうってつけの栄養素といってもいいでしょう。

青魚の脂に含まれるDHA・EPAはオメガ3に分類されています。

 

 

DHA・EPAとは?

DHAとEPA、『最近良く聞く成分の名前だな~』と感じる方は40代以降でコレステロールや中性脂肪が気になったり、受験生のお子さんがいたりしませんか?

DHAとEPAは主に青魚の脂に多く含まれる不飽和脂肪酸の中のオメガ3に分類される成分で血液をサラサラにするはたらきがあるとも言われています。

魚離れが叫ばれる日本人の食生活にともないDHAとEPAは多くの人が不足しています。

また厚生省からも人の健康維持には有力な成分と認識しており、1日1gの摂取が望ましいとコメントしています。

 

DHA・EPAとは・・・の続きはこちら

 

 

DHAとEPAは何か違うの?

DHAとEPAはよく一緒に表記されることが多いのですが、実際には異なる性質をもつ成分です。

かなり簡素化した説明をするなら・・・

  • DHAは脳内にも存在するがEPAは存在しない
  • DHAは脳や神経系の発達や機能維持に必要な成分といわれる
  • EPAは血液をサラサラにする効果があるといわれている

 

DHAとEPAの違い・・・の続きはこちら

 

 

DHAとEPAはどうやって摂るの?

DHAとEPAは主に青魚の脂に中にあるのでアジ、イワシ、サンマ、カツオ、マグロなどを食べることで摂取できます。

加熱して脂が落ちてしまうと摂取する量が減ってしまうので生、つまり刺し身で食べるのが効率的です。

マグロは赤身だと相当な量を食べないと1g相当にはなりませんが、脂の多いトロなら1/4程度の量でまかなうことができるようです。

より効果的に摂取するなら脂の乗った旬に時期が美味しいしDHA・EPAもたくさん摂れるようです。

 

DHAとEPAはどうやって摂るの・・・の続きはこちら

 

 

DHA・EPAサプリメントの選び方

DHA・EPA成分を効果的に取り入れるには食事だけでは難しいことも多いでしょう。

魚が好きな人でも毎日刺し身や焼き魚を食べるのは大変だし飽きることもあるでしょう。

その点、DHA・EPAサプリだと食事で全くDHA・EPA成分が摂れなくても理想量の半分程度ならまかなうことも可能です。

しかしDHA・EPAサプリメントは多くの会社から販売されていますし、成分量の違いやDHA・EPA以外の成分の効能なんかも気になります。

DHA・EPAが多いに越したことはありませんが、その分高額であったりすると毎日続けるのも負担が大きいことでしょう。

そのように迷った時はDHA・EPAサプリの比較が分かりやすいサイトなどを参考にするのもひとつの方法でしょう。

DHA・EPAサプリの比較

 

 

DHA・EPAサプリメントの選び方・・・の続きはこちら