TOP >> DHAとEPAの違いは何?

DHAとEPAって何が違うのか?

DHAとEPAはよく一緒に表記されることが多いのですが、実際には異なる性質をもつ成分です。

かなり簡素化した説明をするなら・・・

  • DHAは脳内にも存在するがEPAは存在しない
  • DHAは脳や神経系の発達や機能維持に必要な成分といわれる
  • EPAは血液をサラサラにする効果があるといわれている

 

DHAとEPAは多くは2つの成分をひっくるめた表記をしているのでその違いが気になる方も少なくはありません。

かなり大雑把な説明は上記の内容となるのですが、DHAとEPAの違いを掘り下げてみようと思います。

 

DHAとEPAはどちらも青魚の脂に含まれることが分かっていますが魚によってどちらかの成分が多い傾向があります。

DHAを多く含む魚は・・・マグロ、サンマ、カツオ、サバ

EPAを多く含む魚は・・・いわし

 

 

上記の説明であるように、DHAは脳内に存在し、EPAは脳内には存在しないことから、DHAは脳の発達や老化を抑える効果があるのではないかと言われてきています。

ほかにも気分を落ち着かせる効果などもあるようです。

これらの効果効能から、DHAは高齢者の頭の老化を抑止するためや、記憶や学習で頭を使う受験生などにも人気の栄養成分です。

 

逆にEPAは血中の中性脂肪を抑えコレステロール値を安定させる効果が期待でき、結果として血液をさらさらに保つはたらきがあるといわれています。

これらの効果効能によって、EPAは動脈硬化や脂質異常症の原因となる血液のドロドロ状態を改善してサラサラな状態にすることが言われています。

最近では血管年齢という表現で血管の健康具合を表現するようになってきました。