TOP >> DHA・EPAの摂り方

DHAとEPAはどうやって摂るの?

DHAとEPAは主に青魚の脂に中にあるのでアジ、イワシ、サンマ、カツオ、マグロなどを食べることで摂取できます。

加熱して脂が落ちてしまうと摂取する量が減ってしまうので生、つまり刺し身で食べるのが効率的です。

マグロは赤身だと相当な量を食べないと1g相当にはなりませんが、脂の多いトロなら1/4程度の量でまかなうことができるようです。

より効果的に摂取するなら脂の乗った旬に時期が美味しいしDHA・EPAもたくさん摂れるようです。

 

生の魚、刺し身が苦手な方もいるでしょうからそのような方はDHA・EPAの量は減ってしまいますがフライや焼き魚で食べるしかありません。

しかし生よりある意味効果的な摂り方は魚の缶詰です。

サバの水煮、サバの味噌煮、サンマの蒲焼き、イワシの蒲焼きなどが一般的だと思います。

それらの青魚の缶詰の多くにはDHA・EPAの含有量がアピールされていますのでひとつの参考になります。

上記のような青魚の缶詰1缶で厚生省の理想とする1日あたり1g以上を余裕で摂取することができるものもありますのでスーパーで探してみるといいです。

 

DHAがかなり含まれている部位だとマグロの目玉がよく出てきます。

さすがに生では厳しいと思いますが、マグロのカマなど焼いた状態ならイケなくもない・・・でしょうか。

 

食事以外でDHA・EPAを摂ろうとするとサプリメントが効果的と言えます。

DHA・EPAサプリは製薬会社や通販会社から多数販売されていますので手頃なものから試してみるのがいいでしょう。